米麹と米で作った室本こうじの甘酒!冷たくても温めても美味しい室本こうじの甘酒はなつかしいふるさとのの味 甘酒の作り方 !
  室本こうじの甘酒室本こうじの甘酒室本こうじの甘酒朝一杯のお味噌汁が健康の秘訣 甘酒、味噌、讃岐うどん等
商品に関するお問合せは
irie@syouten.jp

HOME>
室本こうじの甘酒
■あまざけ
麹
■米麹
  ◆甘酒麹
  ◆味噌用麹
■麦麹
■もろみ麹
■塩麹用のこうじ
味噌
■白味噌
■合い味噌
■赤味噌
讃岐うどん
■讃岐生うどん
■讃岐麺セット
■讃岐生ざるうどん
■讃岐ざるうどん
■手延島素麺
買い物かご
注文方法
商品一覧
会社概要
通販規約
プライバシーポリシー
サイトマップ

 

麹の製造工程
僕たちが工場に行って麹ができるまでを見学しました。
こうじ神話

それは遠いむかし、四国・香川県観音寺の室本の沖に小さな舟に乗って漂流している一行を室本の濱で数人の若者が見つけました。若者たちは自分たちの舟でこぎ漂流者の一行を助け、室本まで連れてきました。漂流者の一行は都の人らしく、身なりも立派、ことば使いも室本の浜の人たちには、理解できない言葉がありましたが、里人たちはみんなで協力して都の人を助けました。
秋も深まり稲の収穫が始まった頃、都の人はすっかり元気になり、都に帰る日が近づいたある日、「私達の感謝の気持ちを伝えたい」と甘酒の造り方を里人たちに伝授しました。
また、都の人を助けた8人の若者に甘酒のもとのこうじ菌の造り方も伝授されました。
それから700年以上後の今も尚、室本ではこうじ造りが受け継がれています。
こうした訳で室本の皇太子神社は、こうじの神様として祭られ全国からの参拝者で賑わっています。
参考文献:ぶらり讃岐の民話とむかし話 岸上正発行(平成4年4月5日)

仕込み作業
1日目 仕込み作業
  (1)米を洗う
(2)米を水に浸す
2日目の朝 米を蒸す
↓↓↓
蒸し上がった米を少しずつベルトコンベアに乗せる 蒸し上がった米を少しずつベルトコンベアに乗せる
↓↓↓
米を広げながら、菌を植えつける 米を広げながら、菌を植えつける所まで運んでいく
↓↓↓
米1粒1粒に麹菌を機械で付けて行きます。 米1粒1粒に麹菌を機械で付けて行きます。
麹菌が付いたこめはに運び米が冷えないように布団のようなカバーを掛けて翌日の朝24時間寝かす
↓↓↓
1升枡(ます)で計り、もろぶたに入れる 3日目
材料の計量、及び室入れ
1升枡(ます)で計り、もろぶたに入れる
↓↓↓
もろぶたを38度に保った室の棚に並べる もろぶたを38度に保った室の棚に並べる
室の中で24時間菌糸を成長させる
↓↓↓
室出し、袋詰め 4日目の朝
室出し、袋詰め
こき板を使って工事をすくい取り袋に詰める。この時、板状の塊を崩さないように袋に詰めるのがコツ。


合同会社 入江こうじ製造所
〒768-0001香川県観音寺市室本町1101番地
Email:irie@syouten.jp

室本麹のできるまで
我が家でも甘酒を作ってみましょう
味噌作りに挑戦
甘酒カンタンおやつレシピ
麹の美味しいレシピ
塩麹の作り方・甘酒の作り方